第20回サマーチャンピオンJpnIII



枠順が確定しました(枠順はこちら)

馬柱


出走予定馬紹介

(8月7日現在)

コパノキッキング

通算重賞4勝。藤田菜七子が騎乗して東京盃、カペラSを制して話題を集めた。今回は名手・武豊との新コンビで佐賀へ。トップハンデも克服だ。

サヴィ

前走の天保山Sを2番手先行から抜け出して半馬身差で後続を振り切った。通算6勝の全てが1400メートル。地方は初参戦だが、距離の適性は十分。

ヒラソール

芝では1勝に過ぎなかったが、ダートに転向後の8戦は3連勝を含め、全て3着以内と堅実な成績を残す。自在に攻める脚質で、決め脚は鋭い。

メイショウテンスイ

デビュー2連勝した素質馬。3戦目のJpnII兵庫ジュニアグランプリで2着と好走した。前走で古馬を撃破して3勝目。53キロの軽量は魅力だ。

ヤマニンアンプリメ

昨年から充実一途。北海道スプリントC、クラスターCと重賞V2を決め、昨秋にはJBCレディスクラシックも制し、JpnIタイトルを奪取した。

ナムラムート

JRA2勝の成績で兵庫へ転出。移籍初戦のA2特別を鋭く差し切ったほか、続く2戦目は逃げ切り、3戦目は好位差しと、自在に動いて3連勝中。

ナラ

昨年のサマーチャンピオンにも出走して8着。ほかにも各地のダートグレード競走に遠征して大敗が続くが、地元の笠松では先行して好成績を残す。

キャプテンハウテン

南関東から佐賀へ移籍後、2戦2勝。転入初戦の1400メートルで1分26秒4の勝ち時計はJRAの強敵相手でも好勝負に持ち込める可能性を秘める。

ダイチトゥルース

JRAに在籍時は全日本2歳優駿で5着に善戦。高知では差し脚を伸ばしてA・B級で上位争いを演じた。佐賀入り後は3戦して後方から447着。

ハクユウスターダム

昨年もサマーチャンピオンに出走して地方馬では最先着の5着に好走した。今春、休養から復帰して入着止まり。前年ほどの勢いは感じられない。

オイカケマショウ

900~2000メートルまで距離万能型。相手なりに大きく崩れず堅実な成績を残す。前走の吉野ヶ里記念は6着も、1400メートルはこの馬には最適かもしれない。


出走予定馬(8月7日現在)

JRA所属馬 (出走 5頭)
馬名 馬性別 馬齢 負担重量 騎乗予定騎手名(所属) 調教師氏名(所属)
コパノキッキング セン 5 58.5 武豊(JRA) 村山明(JRA)
サヴィ 6 56.0 和田竜二(JRA) 中内田充正(JRA)
ヒラソール セン 4 55.0 荻野極(JRA) 加用正(JRA)
メイショウテンスイ 3 53.0 酒井学(JRA) 南井克巳(JRA)
ヤマニンアンプリメ 6 56.0 川田将雅(JRA) 長谷川浩大(JRA)
地方他地区所属馬(出走 3頭)
馬名 馬性別 馬齢 負担重量 騎乗予定騎手名(所属) 調教師氏名(所属)
ナムラムート 6 52.0 下原理(兵庫) 橋本忠明(兵庫)
ナラ 4 52.0 兒島真二(佐賀) 湯前良人(笠松)
キタノイットウセイ 10 52.0 山下裕貴(佐賀) 栗本陽一(笠松)

佐賀競馬所属馬(出走 4頭)
馬名 馬性別 馬齢 負担重量 騎乗予定騎手名(所属) 調教師氏名(所属)
キャプテンハウテン 6 52.0 未定 三小田幸人(佐賀)
ダイチトゥルース 9 52.0 未定 中川竜馬(佐賀)
ハクユウスターダム 7 52.0 未定 東眞市(佐賀)
オイカケマショウ 6 52.0 未定 中野博(佐賀)

RACE JOURNAL



投票はこちら

インターネットからサマーチャンピオンに投票できます。

JRAネット投票

オッズパーク

楽天競馬

SPAT4



ライブ映像出走表・オッズ

SPAT4 Odds Park 楽天競馬
ケイバGO!地方競馬情報アプリ パッカル その競馬、想像以上。

  • 本場
  • 場外
  • 場外ナイター
  • JRA
開催日程年間レース日程JRA発売日程

関連団体リンク

KEIBA.GO.JP佐賀県鳥栖市