第18回サマーチャンピオンJpnIII



枠順が確定しました(枠順はこちら)

馬柱


出走予定馬紹介

(8月9日現在)

タイセイエクレール

今年に入って1600万条件で好戦。同条件で3着を続け、前走の安芸Sを好位差しで競り勝ち、オープンに昇格。鞍上は前走に続きM・デムーロだ。

タイセイプライド

通算7戦3勝の3歳馬。芝1200~1400メートルが主戦場。初めてのダート戦だが、京王杯2歳Sで8着、ファルコンSは6着の重賞経験があり、能力を秘める。

ブルミラコロ

2回の重賞では着外だが、昨秋、オープン特別の室町Sを先行抜け出しで快勝。前々走の天王山Sでも2着にまとめている。小回りコース向きの先行型。

ヨシオ

4走前の下総Sを勝って以降、オープン特別で好勝負を続けた。前走は盛岡のマーキュリーCを逃げて2着に健闘した。近走は中距離を主体だが、短距離の実績も十分。

ルグランフリソン

昨年まで芝レースが中心も、今年からダートに転向。1600万条件の羅生門S、オープン特別のオアシスSを勝った。前走の重賞プロキオンSは着外だが、反撃態勢。

エイシンヴァラー

JRA6勝の成績を残し、南関東を経て昨秋、兵庫入り。3走前、高知の黒船賞で重賞初∨を飾り、前々走、名古屋のかきつばた記念でも4着に好走した。

エイシンバランサー

JRAから兵庫への移籍初戦は太め残りで4着に敗れたが、前走、笠松でのサマーCでは4馬身差をつけ、好時計で圧勝した。ここにきての勢いが魅力。

サンマルドライヴ

JRAでは1勝止まりだが、佐賀に移籍後は距離の長短を問わずに活躍。佐賀王冠賞、吉野ケ里記念と重賞で連続2着に善戦。5歳にして充実期に入った。

マサヤ

南関東に移籍後、着実に出世して、船橋のA2特別を勝っている。佐賀に再転入後は昨年の吉野ケ里記念を制すなどオープン級で一定の存在感を見せる。

オウノミチ

2年前の北九州記念で3着と芝重賞での好走歴がある。今春から佐賀に移籍。徐々に佐賀コースのダートに慣れ、前々走のA級特別を勝っている。

ヒショウ

昨年に続き2年連続参戦となる実力馬。8月はここ3年間、佐賀A級特別で掲示板圏内を外しておらず非常に相性が良い。負担重量が前走から4キロ減って一変警戒。


RACE JOURNAL

⇒レースジャーナルのPDFダウンロードはこちら!



投票はこちら

佐賀競馬場や全国の場外発売に加え、インターネットからもサマーチャンピオンに投票できます。

JRAネット投票

オッズパーク

楽天競馬

SPAT4



ライブ映像出走表・オッズ

SPAT4 Odds Park 楽天競馬
ケイバGO!地方競馬情報アプリ パッカル 地方競馬が濃い。

  • 本場
  • 場外
  • 場外ナイター
  • JRA
開催日程年間レース日程JRA発売日程

関連団体リンク

KEIBA.GO.JP佐賀県鳥栖市 佐賀さいこう博