沿革

草津

昭和 23年 7月13日 新競馬法公布(法律第158号)
23年10月 9日 佐賀県主催佐賀競馬初日開催
23年10月23日 佐賀県地方競馬手数料条例公布
24年12月10日 芦刈村他5箇町村競馬組合設立
小城町・三日月村・川上村・芦刈村・久保田村・南山村指定(風水害)
24年12月11日 芦刈村他5箇町村競馬組合営佐賀競馬初日開催
26年 9月10日 佐賀市指定(競馬場所在地)
26年12月 2日 佐賀市営佐賀競馬初日開催
38年 8月23日 鹿島競馬組合設立
鹿島市・太良町・塩田町・嬉野町指定(風水害)
38年11月 9日 鹿島競馬組合営佐賀競馬初日開催
40年 8月18日 佐賀東部競馬組合設立
基山町・脊振村・三瀬村指定(水害)
40年11月26日 佐賀東部競馬組合営佐賀競馬初日開催
41年 8月 1日 佐賀県他4主催者解散
佐賀県競馬組合設立(自治許第340号)
構成団体…佐賀県・佐賀市・鹿島市・大和町・小城町・基山町・塩田町・太良町・嬉野町・久保田村・三日月村・芦刈村・脊振村・富士村・三瀬村
43年 3月31日 競馬法附則第7条の規定により鹿島市他12町村期限切れ
43年 4月 1日 佐賀県競馬組合規約の変更(自治許第370号)
構成団体…佐賀県・佐賀市
47年 2月 6日 佐賀市神野町最終競馬開催
47年 2月12日 鳥栖市江島町字西谷3256番228(新競馬場)を競馬法施行令第17条第1項の規定に基づき指定(農水省告示第58号)
47年 3月31日 競馬場移転により佐賀県競馬組合解散
構成団体…佐賀県・佐賀市
47年 4月 1日 競馬場移転により佐賀県競馬組合設立(自治許第215号) 
構成団体…佐賀県・鳥栖市
47年 6月29日 新競馬場落成
47年 7月 1日 新競馬場初日開催
59年 1月 2日 ミニ場外発売所オープン
60年12月13日 佐賀場外発売所オープン
平成 6年 4月16日 稲築場外発売所オープン
6年12月17日 中央競馬GⅠ発売開始(1,000円から発売)
7年 7月29日 マークカード読取機導入(12月25日完了)
9年度 「佐賀記念競走」は全国ダートグレード競走(GⅢ)に格付けされた
9年 4月 1日 入場料改定(50円⇒100円)
9年 4月12日 枠番号連勝単式発売開始(平成9年度第1回競馬)
10年 3月31日 稲築場外発売所閉鎖
10年10月10日 広域場間場外発売開始(盛岡競馬)
11年 4月10日 馬番号連勝複式発売開始(平成11年度第1回競馬)
12年 4月 8日 全払戻所自動化完了
12年 6月 2日 『九州競馬』スタート
12年 9月30日 有料指定席改修・ロイヤルボックス設置
12年12月28日 交流レース用きゅう舎完成
13年度 「サマーチャンピオン競走」は「佐賀記念競走」に引き続き全国ダートグレード競走(GⅢ)に格付けされた
13年 4月 4日 佐賀・荒尾・盛岡・水沢の4競馬場で姉妹競馬場として提携
13年 4月28日 中央競馬GⅠ発売単価変更1,000円⇒500円
13年 5月 1日 『佐賀競馬経営改善委員会』設置
13年10月17日 馬番号連勝単式発売開始(枠番号連勝単式は廃止)
13年11月 1日 『佐賀競馬経営改善委員会』提言
13年11月10日 中央競馬GⅠ発売単価変更500円⇒100円
13年12月15日 ドリームなかつ場外発売所オープン
15年11月 1日 小倉場外発売所オープン(JRA小倉競馬場内140投票所)
18年 4月 1日 小倉場外発売所(JRA小倉競馬場内130投票所に移転)
18年 4月15日 トータリゼータシステム変更に伴う3連勝式、ワイド導入
18年12月16日 宮崎田野場外発売所オープン
19年 4月14日 九州共同センタースタート
21年 3月31日 小倉場外発売所閉鎖
22年 1月23日 5重勝単勝式発売開始(平成21年度第18回3日目)
24年 5月26日 7重勝単勝式発売開始(平成24年度第4回1日目)
24年11月16日 地方競馬共同トータリゼータシステムに移行
24年11月17日 IPAT(JRA)での佐賀競馬発売スタート
25年12月15日 宮崎田野場外発売所閉鎖
26年 4月 1日 払戻率弾力化スタート

※地方競馬の収益金の一部は、地域の教育文化の発展や社会福祉の増進、都市計画その他公共施設の整備などの公営事業、畜産振興のために役立っています。


ライブ映像出走表・オッズ

Odds Park楽天競馬
佐賀競馬×SPAT4
ケイバGO!地方競馬情報アプリ

  • 本場
  • 場外
  • 場外ナイター
  • JRA
開催日程年間レース日程JRA発売日程

関連団体リンク

KEIBA.GO.JP佐賀県鳥栖市